体験、ドイツ式フットケア

20110918-223721.jpg

写真ではわかりにくいと思いますが、サロンで爪を切ってもらいました。

やまださん(猫)ではなく、私のです。

人に足の爪を切ってもらうなんて物心ついて初めてかも。
なんだか「申し訳ありません…」という気持ちになりました。

15分の無料体験だったので巻き爪になっている両方の親指をメインでケアしていただきました。
巻き爪そのものの改善は病院に行かないと、わたしのレベルでは無理なのですが、爪のカットや巻いた部分の爪垢の除去で痛みは軽減できるそうです。
確かに今日のセルフケアでつま先の反射区を強めに押しても平気でした。

このところ痛みは余り無いのですが、痛い時には歩くのが拷問に思えることもあります。
親指は頭の反射区で、とても大事なところです。
巻き爪で爪が肉の部分に食い込んでいるという状態は、例えていうなら頭を万力で挟んでいるようなもので、反射原理から考えて良いことのわけがありません。
更には痛みをカバーするためにバランスの悪い歩き方になり、つま先だけでなく色々なところに支障が出てきてしまいます。
たった2枚の爪が全身に影響することも十分考えられるんですね。

自分の巻き爪にちゃんと向き合わなきゃなぁと思った秋の日でした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました