甥っ子に学ぶ

弟の留守を狙い、鬼千匹に変身して義妹とちびちび軍団 😀 に会いに埼玉へ行ってきました。

義妹は鬼のつけ込む隙も無い良いひとで、すっかりおしゃべりに花が咲いてしまいました。
お昼になったので一緒に幼稚園にお迎えに。
人生初体験です。

帰ってソファに座るなり「おばちゃん、マッサージするの?」ということで、甥5歳の足と姪3歳の足をもみました。
うらやましいぐらい柔らかくて可愛らしい足です。

もう一人、中学生の甥がいるのですが、毎日部活で遅いということで会えず、残念でした。

この中学生甥と5歳甥はとっても対照的です。義妹からこんな話を聞きました。

お兄ちゃんが帰ってくるまでお菓子をとっておこうとしても弟が食べてしまって、最後の1個だけなんとか守りきる。
ところがお兄ちゃんが帰ってきて、その最後の1個を食べようとすると弟が「僕も食べたい!」と。
そこでどうするかというとお兄ちゃんは「そんなに食べたいんだったらあげるよ」と弟に譲るんだそうです。
(わたしも姉の立場でしたが、弟に譲った記憶など…ない…)

そして、最終的には我慢して譲ったお兄ちゃんは「よく譲ったね、我慢したね。かわいそうに」ということで後で食べ損なったお菓子よりもいいものをgetするんだそうです。

ふむふむ。

弟宅最寄り駅のベンチ♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました