冷房に負けない

負けそうになりました。

昨日、同じ都内でも電車で1時間半かかる実家に参りました。

行きはちょこちょこ乗り換えがあったのですが、帰りはちょうど渋谷直通電車に乗れたので「座れる、ラッキー♪」とのんびり各停に揺られて帰ってきました。

普段、よく乗る路線だと弱冷房車の位置を把握していて、必ずそこに乗るのですが、普通の車両に乗ってしまいました。

渋谷に着く頃には…からだがだるい…。
お腹が空いたというのもありますが、足が重くてたまりません…。

家に帰って、ふくらはぎと太ももを触ると…つめたーい。
(ちなみに昨日の服装は短めのワンピースに夏用の薄手の七分丈スパッツ、素足にサンダル)
これはまずいなと思って何をしたかというと…

ぺたんと床に座り込んで、若石の足療ローラーにふくらはぎをよっこいしょとのせてスイッチオン。

5分もしないうちに足が温まってきて、だるさが消えていきました。
自分で足もみする気力が無かったので、本当にローラーさまさまでした。

電車の冷房、甘く見ていました。
短い時間ならともかく、乗り換え無しで30分以上座ったままというのはきつかったです。
長く電車に乗ることが予想できるときには、足もとを冷やさない格好をする、弱冷房車に移動する、足首をまわしたりストレッチをする、といった自衛策をとらないとダメですね。

自戒!

実家最寄り駅より徒歩5分の風景。23区内です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました