白湯をおいしく飲む

若石リフレクソロジーでは、足を揉んだ後に白湯を飲むのが大原則です。

先輩に伺った話だと「足を揉んでいるのに健康改善が進まない…」という場合、足は揉んでいても白湯を飲んでいないことが多いそうです。

そのぐらい白湯を飲むのは大事なんです。

白湯っておいしくないし…と思っている方は是非アーユルヴェーダの白湯の作り方で作ってみてください。

やかん

これが活躍!

用意するもの: 水 ヤカン

1.換気扇をつけます。

2.ヤカンに水をたっぷり入れて沸かします。

3.沸騰したらヤカンのふたをとり、火を弱めて15分ぐらい沸騰させ続けます。換気扇も回し続けます。

4.火を止めて自然にさまします。(冷たい水を加えるのはNG)

以上です。

口当たりがまろやかでびっくりするほどおいしく、しかもデトックスにいい白湯ができあがります。
わたしはこれをTHERMOSのマグに入れて、足もみの後だけではなくのどが渇いたらいつも飲んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 白湯をおいしく飲む
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)