継続は力なり

月に1回の若石東京エリアの勉強会に行ってきました。

その中にお久しぶりのお顔を発見しました。
御年78歳のTさんです。
昨年9月からの認定プロコースのお仲間です。
このお年で新しいことにチャレンジするパワーに私たちはいつも圧倒されていました。

“プロコース”と言ってもわたしのように開業する人もいれば、サロンで働く人、ボランティアで活躍する人様々です。
このTさんが足を揉むのはただ一人。息子さんです。
「わたしは息子専属なのよ~!」

息子さんは以前車椅子の生活をされていて、その後、杖で歩けるようになったものの転びやすく傷が絶えなかったそうです。 膝のところはいつも転ぶせいで黒くなっていたとか。

「ほら、わたしさー、もう細かいことは覚えられないから、場所とかあまり関係なくとにかく毎日足をもんでたのよ。そうしたら、転ばなくなって膝の黒いのも消えたの!」

すごいと思いませんか?わたしは心の底から感動しました。

実はTさんは最初自信がないから私たち同期の仲間に息子さんの足を揉みに来て欲しいとおっしゃっていたんです。
でもスクールの先生にも「家族が毎日揉むのが一番なんですよ!」と言われて、その言葉の通りに実践した結果が…素晴らしい!!

昨日「自分の健康は自分で守る」と書きましたが、Tさんの息子さんは体が不自由で自分でできることは限られています。でも、足もみのできるお母さんがいたんです。毎日心を込めて足を揉んでくれるお母さんが。
その毎日の積み重ねが息子さんの力を引き出したんだなぁと思います。

きっと同期の誰かが週に1回揉みに行っていたら、この結果は無かったでしょう。

毎日続けることの大切さを改めて教わりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 継続は力なり
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`evernote` not found]
Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)