からだの声を聴く

昨日の夕方、本当に久しぶりにヨガに行きました。

レッスンではヨガのポーズに入るまでにじっくり時間をかけて足のメンテナンスをします。
このときに足の反射区のことなどちょっと知っていると気づくことも多いんじゃないかなと思いつつ、足裏を触っていました。

わたしは常日頃、足から体の声を聴いているのですが、ヨガはもっと体全体との会話という気がします。

昨日はねじりのポーズが多かったのですが、すごくスムーズにできるポーズとそうでないポーズ、左右の差などいっぱい気づくことがありました。

そして何より最後の「死体のポーズ」(シャバアサナ)。手のひらを空に向けて足は腰幅で床に寝転がって深く呼吸をする、ヨガの締めのポーズです。つま先から頭の先まで力を抜いていき、自分の体を感じます。すっと力が抜けていくところ、どこか滞った感じがするところ、温かいところ、冷たいところ…。このポーズを終えるとまさに生き返った気分になります。

リフレクソロジーでもヨガでもなんでもいいのですが、自分なりの体との対話方法を見つけておくのは「自分の健康を自分で守る」基本だと思います。

ひさしぶりのやまださん

ヨガの猫のポーズもお気に入りです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)