八段錦 はちだんきん

錦と言っても布地ではありません。

中国気功の基本中の基本の動作です。
基本中の基本でありながら…というよりも、だからこそ奥深い気功です。

今朝うちの小さな中庭のウッドデッキの掃き掃除をしていたら、あまりに空が青くて気持ちが良いのでほうきを脇に置いて八段錦をしちゃいました。

八つ全部の動きではなくて、第一、第二、第四の三つだけでしたが、それだけでも気力充実した感じです。

晴天

外で気功、いいですよ

最近は太極拳や気功の本やDVDも書店でよく見かけます。

手軽に始めたい方にはいいと思うのですが、“気”をとらえるには“気”を上手に扱える人と同じ場にいるのが一番手っ取り早いです。気功をするということはただ体を動かすということではないからです。

映像をお手本にする場合にも、きれいなお姉さんが動きがわかりやすいようにやってくれているDVDも悪くはないですが、達人の映像をYou Tubeなどで探して見ると画面からでも“気”が伝わってくるので、色々と見てみるのもいいですね。色々見ると結構流派があるようで微妙に動きが異なったりしますが、自分でまねしてみて気持ちの良い動きを選べば良いんじゃないかな、というのは素人のわたしの考えですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)