白湯

若石リフレでは主に老廃物を排出しやすくするために「施術後30分以内にに500mlの白湯を飲む」というのが一つのルールになっています。

溜まっていた老廃物が施術のおかげでせっかく動き出しても、体外に出さなければまたぐるぐると体内を巡ってどこかに溜まってしまうからです。水ではなくて白湯なのは血行が良くなって温まった体を冷やさないためです。

よく「白湯って飲みにくい」と思われがちですが、リフレの施術後はおいしく感じて結構飲めるんですよ。それで慣れてくるとお茶やコーヒーが無くても白湯で十分…という境地(?)に達します。騙されたと思って(いえ、決して騙していませんが)飲むのを習慣にしてみてください。

もう一つ。寝る前にセルフケアをする人にはよく「(白湯を飲むのが)寝る前だと夜中にトイレに行きたくなりませんか?」と訊かれます。

わたし自身も寝る前にセルフケアをしています。で、白湯はどうしているか…というと、500mlの保温ボトル(THERMOS 真空断熱ケータイマグ を愛用してます)に白湯を入れておいて半分ちょっと飲んで寝ます。朝むくりと起きたら布団の中で残りをゆっくり飲みます。その後トイレに行く…という習慣になっています。

朝飲む白湯も気持ちがいいなぁと思っていたら今日の日経ウーマンオンラインに「朝のコーヒーを白湯に変えて冷えとり」という記事が出ていました。アーユルヴェーダ式の白湯の作り方ものっていました。ふむふむ。皆さんもどうぞご参考に…

白湯が健康のカギ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)