こまっていること

困っていることがあります。去年の春からずーっと困っています。

行きたい美容院が見つけられないんです。行きたい美容院というよりもお願いしたい美容師さんといった方が正確かな。

以前は自由が丘にある美容院で決まった人にお願いしていました。最初はちょっと頼りないかなぁ…と思ってしまったんですが、とても誠実な仕事ぶりと性格に惹かれて、毎回お願いするようになりました。

彼女は本当に手を抜かないんです。そのためちょっと時間がかかることもあって、最初は大丈夫かなと思いました。

基本は最初のシャンプーから全部を担当してくれるのですが、指名が多いときにはシャンプーやブローなどはほかの人に代わります。

そうすると違いが歴然なんです。テクニックというよりも伝わるものが違うんです。ほかの人はマニュアル通りにしっかり洗い上げるシャンプー。彼女のはどうすればお客さんにとって気持ちのいいシャンプーができるか、どうすればリラックスしてもらえるかを考えているのが指先から伝わるシャンプーなんです。

シャンプー後のマッサージも同様でした。

その彼女は去年の春に、念願のヘアメイクの仕事をするために美容師の仕事を辞めてしまいました。夢に向かってステップアップする彼女を祝福しながらも、心の中では「わたしはこれからいったいどうすればいいのーーーーーっ?」状態でした。その後、同じお店の別の人やほかのお店や…と色々さまよいましたが彼女レベルの人はおらず、この半年ぐらいは自分で髪を切っている始末です。

でも、彼女のおかげで人の体に触れる仕事ってごまかせないんだということを身をもって知りました。外側をとりつくろってもどういう思いをして仕事に臨んでいるか、ダイレクトに伝わってしまうんですね。リフレの仕事をするとき、彼女の仕事ぶりを常に心の中においておかなければ…と思います。

ああー、でも本当に困りました…。我こそは!という美容師さん、いませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)