かゆかゆ~好転反応

小学生の頃、毎年夏休みは2歳下の弟とともに大阪の伯父伯母の家に長逗留していました。おかげで大阪の万博にも行けました。(年がばれますね)

その伯母が結構な肩こりで、お世話になっているお返しにとよく肩を揉んでいました。

伯母がおだて上手なのか、本当にわたしが上手なのか、揉むたびに「あー、気持ちええわぁ。りえはほんまに上手やなぁ」としみじみ言ってくれるのが嬉しくて一生懸命揉みました。

で、肩もみが終わるとかならずおまけがついてくるんです。

「あ、痒い痒い…。背中が痒いわぁ」

最後は伯母の背中を掻いてフィニッシュが恒例でした。

その当時は「なんで痒くなるんだろう?私の肩もみがよくないの?」と心配していたのですが、これは“好転反応”だったんですね。

若石の施術の後にも足が痒くなったりします。これは溜まっていた老廃物が動き出すのでむずむずして痒くなる現象なのです。つまり揉んだ効果が表れてきている証拠でもあるわけです。

セルフケアの後、足が痒くなるたびに今はもう亡くなった大阪の伯母のことを思い出します。肩もみ効いていたんだなぁ…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)